Page not found

Sorry, we couldn't find this page.

OCTJapan

(完売)ブルンジ カジャブレCWS レッドブルボン /ウォッシュト

下限 ¥990

 4/13 第2陣コンテナは5月下旬頃到着予定→全て完売しました。キグスをご検討ください。

浅入りではアフリカ系の明るいアシディティとマンダリンオレンジ感が特徴のロット。甘味と柔らかいマウスフィールは深めの煎りでココアやキャラメルを纏う深みのある味に。浅入りと味の表情が大きく変わるため、2種類の焙煎の違いを押すのも面白い。

ザ・ブルンジ!という代表的なカップ特徴ですが、より複雑さをお求めの場合、ルゴリ、ブシンデをご検討ください。

推奨焙煎:浅~中煎

カジャブレは、首都ブジュンブラの南106kmに位置しており、1991年から操業をしているブルンジではかなり歴史のある部類のウォッシングステーションです。

現在このウォッシングステーションにチェリーを持ち込む生産者は900以上、ドライングベッドは200を超えます。

カジャブレの由来は、ステーションの近くの丘のひとつにある小さな川、カジャブレ川(KAJABURE)からきています。このウォッシング・ステーションは、エメ=パトリック・ハブウィンタハによって管理されており、なだらかな丘陵地帯に囲まれ、928戸の農家が1回の収穫で約55トンの輸出可能な生豆を生産しています。

ハブウィンタハ氏はカヤンザの生まれで、コーヒー業界で働く前は、ルカゴの学校で小学校の教師をしていました。彼の妻は現在ルワンダの国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)で働いており、二人の間に二人の子供がいます。また、亡くなった両親から受け継いだ1007本のコーヒーの木をカヤンザに所有している農園主でもあります。

カジャブーレ工場は、アカワプロジェクトを構成する13の工場のひとつです。

▼アカワプロジェクト

SUCCAM社とSupremo社のジョイントベンチャーであるアカワ・プロジェクトは、生産者が持続可能かつ公平な方法で貧困の連鎖から抜け出せるよう支援するために設立されました。生産者たちは、より公平な報酬とより良い生活環境を求め、繁栄への道を求めていました。そのため、プロジェクトの活動方針はUTZ認証基準に基づき、適正な農業慣行、環境への責任、社会的公正を基準としています。

▼ブルンジのコーヒー栽培の歴史

ブルンジは、コンゴ民主共和国、ルワンダ、タンザニアに隣接する中央アフリカの内陸国です。 公用語はキルンディ語とフランス語で、スワヒリ語のポケットは主にタンガニーカ湖沿いのブジュンブラ(首都)で話されています。

丘陵と山岳地帯のブルンジは、コーヒー栽培に理想的な地形的特徴を誇っています。 国の経済は主に農業であり、人口の90%以上が自給農業に依存しています。経済成長はコーヒーと紅茶の輸出に大きく依存しており、外国為替収益の90%を占めています。

コーヒーの栽培と生産は、1930年代初頭のベルギーの占領中に始まりました。

1980年から1993年にかけて、コーヒー栽培プログラムの実施を支援する世界銀行の金銭的および戦略的支援により、ブルンジは、コーヒーサブセクターに建設と緑化の為に多額の投資を行いました。

これらの年の間に、低木の数は9000万から22000万以上に増加し、133の洗浄ステーションが全国に戦略的に建設されました。

 

重量

  • 300kg@990円/kg
  • 240kg@1020円/kg
  • 180㎏@1040円/kg
  • 120kg@1070円/kg
  • 60kgGP@1090円/kg
  • 30㎏箱@1140円/kg
  • 20kg箱@1190円/kg
  • 【サンプル】初回限定200g(会計時に無料)
商品を表示