Page not found

Sorry, we couldn't find this page.

エチオピア イルガチェフィG1ゲデブ"Z(ゼロ)"トリプルピック / ウォッシュト - オリジンコーヒートレーダーズジャパン
OCTJapan

(23/24)エチオピア イルガチェフィG1ゲデブ"ゼロ"トリプルピック / ウォッシュト

下限 ¥1,390

5/22~ロット切り替わりました。

イルガチェフェの柑橘感、甘味もあり後味綺麗なロットに仕上がっております。

収穫の時期のイルガチェフェは朝早くから夜遅くまで、コーヒーの精製が続きます。

人々は朝早くウォッシングステーションに到着し、ドライングベッドの横に一列に並びます。そしてパーチメント状態まで洗浄されたコーヒーの詰まった袋をドライングベッドの上で開き、まだそれほど強くない太陽の光のもとにパーチメントコーヒーを均一に広げていきます。

エチオピアで11時から3時が最も日差しが強く、気温が一気に上昇する時間帯には一度広げられたコーヒーはいくつかの区画にまとめて集められ、過度に急激な温度変化による生豆の水分値の減少を抑えられます。そして日差しが弱くなったタイミングで改めて均一にベッドに広げられます。同時に紛れ込んだ発育不良の欠点を人の目と手で丁寧に取り除かれていきます。

▼”Zero(ゼロ)”の由来

イルガチェフェ特有のジャスミンフレーバーと凝縮されたレモンジュースのような素晴らしいテイストと酸味、クリーンで甘味の残るアフターテイストを表現するために、通常の3倍のハンドソーティングを依頼しています。完成まで通常のイルガチェフェG1と比べて約3倍近い時間と手間がかかりますが、出来上がるロットはゼロディフェクトに近い仕上りとなります。”Zero Defect”(ゼロ欠点)の頭文字をとって”Z”の名前を冠して買い取ります。

このロットに関わる人々には平均的な賃金の約3倍近い金額の支払いを約束されて仕事に取り組んでいます。この平均を上回る賃金の支払いによって生み出される余剰資金は、このウォッシングステーションで働く人々の子供たちが学校に通うことができ、通常の日用品の購入を滞りなく済ます、そうした日常を支えています。

重量

  • 700kg@1390円/kg
  • 350kg(35kgx10)@1440円/kg
  • 280kg(35kgx8)@1460円/kg
  • 210kg(35kgx6)@1490円/kg
  • 140kg(35kgx4)@1520円/kg
  • 70kg(35kgGPx2)@1540円/kg
  • 35kgGP@1590/kg
  • 20kg箱@1640/kg
  • 【サンプル】初回限定200g(会計時に無料)
商品を表示