Page not found

Sorry, we couldn't find this page.

OCTJapan

【有機JAS認証】ペルーG1 サン・イグナシオ JAS認証

下限 ¥1,040

3/1調整分出品しました。次はニュークロップ7月以降となります。

※本商品は、輸入時の麻袋(69kg)入は、有機JAS認証を所得しておりますが、10kg袋入りは、有機JAS認証を所得しておりませんので、予めご了承ください。

中煎りがオススメ。

▼サン・イグナシオについて

サン・イグナシオ市は、ペルーのカハマルカ地方政府の管轄下にあるカハマルカ県を構成する 13 の県の1つです。 北はサモラ・チンチペ州(エクアドル)、東はアマゾナス州、南はハエン県、ピウラ県の西側に隣接しています。コーヒー、蜂蜜の栽培、そして自然林の土地として知られています。

APPROCASSI農協について

APPROCASSI農協は、ペルー北部の高地、カハマルカ州にある協同組合です。この地域には、農業とコーヒー生産を生業とする先住民インカ族が数多く住んでいます。カハマルカ地域、特にハエン県とサン・イグナシオ県のそれぞれ2 3ヘクタール未満の32の小規模農家によって栽培されています。

この地域は主にアンデス山脈で構成されています。高地、緑豊かなジャングル、肥沃な土壌が、のどかな環境を生み出します。ただし、その農家のコミュニティが遠隔の険しい土地にあり、アクセスが制限されていることを意味します。生産されたコーヒーは長距離輸送され、仲介業者に販売されることが多いため、無差別に品質がブレンドされる危険性があります。しかし、最近ペルー農業省の支援を受けて生産者が組織化することで、改善されています。その結果、市場へのアクセスが向上するだけでなく、農業実践、加工、コーヒーの品質向上に関する教育も可能になります。

また、持続可能な社会づくりにもに重点を置いています。ジェンダー平等を優先し、若い世代を積極的に参加させ、グループの前進につながるより良いビジネス上の意思決定ができるようにコミュニティのリーダーを訓練しています。

環境面では、気候変動の緩和と地元の生物生態系の保護にも取り組んでいます。そのような取り組みの1つが森林再生プロジェクトであり、サン・イグナシオとハエンにある生産パートナーの農場に苗木が植えられています。これらの森林地帯を回復すると、微気候生成という追加の利点が得られます。植生が炭素を捕捉して水循環を調節し、落ち葉が土壌に栄養分を回復します。これらすべての取り組みにより、コーヒーの収量と品質が向上し、コーヒー栽培がより持続可能になり、会員にとって利益が得られるようになります。

 ▼栽培環境

海抜1,0001,600mの、のどかな微気候で栽培されています。チェリーは浮遊選別され、機械でパルピングされます。 1824時間の嫌気性発酵の後、コーヒーはセラミック容器で洗浄され、再びふるいを通して選別されます。コーヒーはパティオで、気象条件に応じて515日間天日乾燥されます。

重量

  • 207kg@1040円/kg
  • 138kg@1070円/kg
  • 69kg(原袋)@1090円/kg
  • 【サンプル】初回限定200g(会計時に無料)
商品を表示