Page not found

Sorry, we couldn't find this page.

【デカフェ】コロンビア  エル カルメン レッドアソシエーションズ  シュガー - オリジンコーヒートレーダーズジャパン
OCTJapan

24年8月渡し予約開始【デカフェ】コロンビア“レインボー” ウィラ ピオネロス/ラバド 97%デカフェ

下限 ¥1,290

 5/10 次は6月出航8/9月ごろの入港となります。

パッションフルーツ、チョコケーキ、圧倒的に甘い後味。デカフェ工程で負けない原料の強いロットを半年以上かけて選別しています。

昨年に引き続き、最上位スペシャルティクラスの原料を使用し、大幅な味の向上と、大きなロット数(オーストラリア、ニュージーランド、米国、日本向けにまとめて精製する事で、最大限加工費を押さえました。

CO2、スイスウォーター他色々な加工を試みて、もっとも味に対してコストパフォーマンスが良かったロットとなります。

▼概要

コロンビアのウィラ奥地で、コーヒーの生産に情熱を傾け、先駆的な取り組みを試し続けている7人の先駆者達が率いる7つの異なる農園から生産されるコーヒー組み合わせて、スイスウォータープロセスにて97%のカフェインレス処理を施しました。

農園を代表する7人は、ウィラ県(Huila)4つの自治体(Acevedo, Palestina, Pitalito,Timana)各地で、農園を運営しています。2人の女性、5人の男性がリーダーとなって7名のうち、2人は父と息子の2世代で農園を運営しています。

このグループの生産者は、高品質でクリーン、際立つプロファイルのコーヒーを一貫して生産してきました。

彼らは、さまざまな処理方法を実験するのはもちろんのこと、コーヒーの収穫前のコーヒーの木の管理方法の改善(剪定や肥料等の改良)と、それぞれの地域コミュニティへの配慮、社会的、環境的な持続可能性を見据えて取り組んでいます。

今回、この生産者の卓越したロットの生豆を最善のクオリティを保ち、そのままカフェインレス/デカフェ処理いたしました。

▼名前の由来

また、同時に、ウォッシュトプロセスの豆、水でカフェインを抽出すること、どちらも共通する“水で洗う”というシンプルなスペイン語で“ラバド”と呼んでいます。

パイオニア、ピオネロス、ラバド等、それぞれ焙煎される方の好みにてお使いいただければと思います。

カップはフローラルで、ヘーゼルナッツ、チョコレートケーキ、ブレッドプディング、パッションフルーツノートが感じられます。

▼カフェインレス工程

カナダ、ブリティッシュコロンビア州で化学薬品を一切使用せず、コーヒーからカフェインを除去しています。

ステップ1,タンクに持ち込まれた生豆は一旦水にて洗浄し、汚れを落とします。その後、水分を吸わせて細胞壁を柔らかくし、コーヒーから成分を抽出しやすくするための準備工程を通ります。

ステップ2,カフェイン以外のコーヒー成分が最大に含まれた飽和水溶液(GCE=Green Coffee Extractの略、カフェイン除去用水)に、カフェインを含んだ状態の生豆を浸します。生豆からカフェインがGCE中に溶け出します。

ステップ3, カフェインが溶け込んだGCEを、炭素ろ過機に送ります。カフェインは炭素に吸着され、再度カフェインを取り除かれたGCEは再びステップ2の工程に投入され、生豆から目的のカフェイン量が除去されるまで(97~最大99.9%)2と3の工程を繰り返します。ろ過に使われた炭素は火を使い、カフェインと分離させ、再利用されます。

ステップ4, 乾燥機にて1012%程に乾燥

ステップ5, 再度研磨や篩を通して、不純物を取り除いた後、パッキング、出荷。

重量

  • 350kg@1290円/kg
  • 280kg@1320円/kg
  • 210kg@1340円/kg
  • 140kg@1370円/kg
  • 70kg@1390円/kg
  • 35kg(原袋)@1440円/kg
  • 20kg箱@1490円/kg
  • 【サンプル】200g
商品を表示