Page not found

Sorry, we couldn't find this page.

【セール】ブルンジ ブシンデCWS レッドブルボン ウォッシュト(ロット16指定) - オリジンコーヒートレーダーズジャパン
OCTJapan

(通関中)ブルンジ ブシンデCWS レッドブルボン/ナチュラル

下限 ¥1,590

6/12 :契約調整によりスポット販売が可能となりました。6/15より販売開始予定。

22年に販売し完売して後23年は価格と品質のバランスが合わず断念、再度今年チャレンジいたします。

ダークチェリー、キャラメル感、柑橘系の甘味が特徴となります。

推奨焙煎度:中〜中深

▼ブシンデウォッシングステーション

2012年初代のブルンジカップオブエクセレンス1位受賞ウォッシングステーションです。その後も2018年28位ウィニングファーム、2017年25位ナショナルウィナーも頻繁に受賞する、まさにブルンジのスペシャルティコーヒーの草分け的ウォッシングステーションです。

 ブシンデCWSは、Mbirizi丘陵地帯のGataraのコミュニティとBusinde丘陵地帯のGahomboコミュニティを分けているKinangona川の近くに位置しています。

この地域に限らず、ルワンダ、ブルンジは苦難に満ちた過去悲惨な歴史的背景がある土地です。1962年の独立当時から、フツ族とツチ族の民族問題を抱え、1972年から始まったブルンジ内戦では死者数は20万人にのぼると言われています。

このブシンデ丘陵地帯にはもともとトゥワ族(Twa)(フツ族とツチ族を除いたルワンダとブルンジの民族グループの中で、トゥワの人々は人口が最も少ない。全人口の1%程度の少数民族。)という少数民族が住んでいました。ツチ族とフツ族の紛争に巻き込まれ、特に反ツチ族のグループからの大きな報復を浴び、民族の数を大きく減らし、いまだにその負の影響を引きずっています。

しかしコーヒーに関していえば、この地域の土壌と気候がスペシャルティコーヒー生産に適した場所であり、争いの歴史を乗り越えつつ、IMFを巻き込んでの政府主導のブルンジコーヒーへの資金投下からスペシャルティコーヒーマーケットの隆興に伴い、復興しつつあります。

重量

  • 180kg@1590円/kg
  • 120kg@1620円/kg
  • 60kg(30kg箱x2)@1640円/kg
  • 30kg箱@1690円/kg
  • 20kg箱@1740円/kg
  • 【サンプル】初回限定200g(会計時に無料)
商品を表示