Page not found

Sorry, we couldn't find this page.

OCTJapan

(23/24)ケニアAB FAQコフィナフ/フリーウォッシュト

下限 ¥940 ¥1,040

5/25お待たせいたしました、リリースです。

 世界のコーヒー生産量から見れば1%に満たないケニア産コーヒーですが、その品質への認識と評価はその統計的数字では測りきれません。

約55%が小規模農家から、残りが中規模、大規模の生産管理された農園からもたらされています。推定では15万人のコーヒー農家がおり、コーヒー産業全体では600万人の直接、間接雇用が生み出されていると言われています。

生産から加工、政府の管理の元に置かれたオークションシステムで、品質の向上と生産者への還元がうまく連動していると言われています。

ケニアに最初にアラビカ種が持ち込まれた1893年以降、土壌、日光、降雨量はコーヒー栽培に最適であることは明らかです。歴史をたどると途中何度かさび病による作物の大災害に見舞われましたが、病耐性のハイブリット種の開発と、さらにハイブリット種の味の向上、ウォッシングステーション(Ntongoro,Kerumbe, Nainyoireなど)の整備により、着実にコーヒー産業が発展してきました。

明るい酸と柑橘系、ベリー系のジューシーでフルーティな香りは深入りから浅入りまでシングル、ブレンド問わず存在感を発揮します。

重量

  • 300kg@940円/kg
  • 240kg@970円/kg
  • 180kg@990円/kg
  • 120kg(30kg箱x4)@1020円/kg
  • 60kg(30kg箱x2)@1040円/kg
  • 30kg箱@1070円/kg
  • 【サンプル】初回限定200g(会計時に無料)
商品を表示